{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

大谷一良「白の稜線」

6,820円

送料についてはこちら

大谷さんの表そうとした山の気(け)。 その表現に深く潜む力と それを受け止める感応は 山に登る人の気持ちそのもので終わりがなく その気と山の稜線を本の形として 引き継いで行けたらと思った。 ご縁がありまして 本を装丁しました。 ----- 著 者 大谷一良 発行人 鹿野亜里・宮崎亜季・大谷羊平 装 幀 サイトヲヒデユキ サイズ 本文B5変形 182mm×225mm 144頁・背継丸背上製本 表紙シルク印刷・箔押し/寒冷紗背固 84作品/大谷一良エッセイ付 2023年6月 初版第1刷 《《《⬇︎お読みください》》》 *7000円以上のお買い上げの方には  送料無料でお送りしております。  その際、お買い上げの本の冊数などで  ゆうパック、レターパックプラス、  レターパックライト、クリックポストで  発送しております。 *ゆうパック、レターパックプラスは、  対面受け取りになっております。  郵便局で申し込んでいない場合、  置き配には対応しておらず、  不在通知のみで持ち帰ってしまいます。  (置き配でしか受取れない方はお知らせ下さい)  保存期間を過ぎて戻ってきた時の再送は  着払いの発送になりますのでご了承ください。 *土日祭日を除く5日前後の発送を心がけていますが、  展示開催中などで発送が遅れる事がございます。  申し訳ございませんが、ご了承下さい。 *ラッピングは対応しておりません。 *メルカリなど、転売目的の購入はおやめください。 ----- ◯大谷一良◯ 1933年東京生まれ。’57年東京外国語大学スペイン語科卒業。総合商社の勤めを終え、’96年よりフリーの版画家。この間、畦地梅太郎氏に私淑、「アルプ」をはじめ「まいんべるく」「山と渓谷」「心」「岳人」などに表紙画やカット、文章を発表。’80年代から個展や共同展を毎年のように開催。著書に「山のかけら」「山の絵葉書」「風のディヴェルティメント」など、共著に「山のABC」「忘れ得ぬ山」など多数。山岳関連書の装丁・装画も数多く手がけた。 ----- お話をいただいた 鹿野亜里さん、宮崎亜季さん に感謝します

セール中のアイテム